為替(ホーム) > 為替のテクニカル分析 > サポートレジスタンス
為替のテクニカル分析

サポート と レジスタンス

 サポート(支持線)やレジスタンス(抵抗線)を意識することは、為替取引を行う上で重要です。簡単に言うと相場が下落する時に抵抗となるポイントがサポートであり、相場が上昇する時の抵抗となるポイントがレジスタンスです。 為替相場が下落していく局面では、まだ破られていない一番近い「谷」(直近の安値)が第1のサポート(支持線)になり、続いて一番目の「谷」よりも更に低い位置にあり、そしてまだ破られていない「谷」が第2のサポート(支持線)になます。

 
サポート・ライン
 

 逆に為替相場が上昇していく局面では、まだ破られていない一番近い「山」(直近の高値)が第1のレジスタンス(抵抗線)になり、続いて一番目の「山」よりも更に高く、そしてまだ破られていない「山」が第2のレジスタンス(抵抗線)になます。

 
レジスタンス・ライン
 

 いったんレジスタンスが破られると、そのポイントは、サポートに変わるケースも少なくありません。これは、レジスタンスが破られた際に、まだショートポジション(売りポジション)を完全に切りきれていない参加者が戻りを待ち、ポジションを落として行くからです。 サポートの場合には状況が少し変わります。下落していく場合には戻りが鈍くなります。これは下降トレンドの場合、下落する速度が速いことから恐怖のあまり、戻りを待ちきれず我先にポジションを落とそうとする参加者が増えていることを示します。

 多くの市場参加者は、このサポート(支持線)やレジスタンス(抵抗線)を意識して売買を行います。買う場合には、サポート近くまで引き寄せて買いたいし、サポートが割れたら即座に損切りをするでしょう。ショート・ポジションを持っている場合には利食いのポイントをサポートの手前にするケースもあるでしょう。 このように売買がサポート(支持線)やレジスタンス(抵抗線)付近で繰り返されるため、ある程度の動きは予測がつくようになります。


為替チャートと為替レート
為替相場 - リアルタイム チャート 携帯版

為替相場FOREX CHANNEL mobile*

外出先でもケータイでチャートを確認いただけます。10分足、1時間足、日足上に移動平均線やRSIを表示。
www.forexchannel.net/mobile/

QRコード
 

スポンサード リンク

 

page TOP

*