為替(ホーム) > 為替のテクニカル分析 > RSI
*English RSI
為替のテクニカル分析

RSI(Relative Strength Index)

 
RSI
 

 1978年、Welles Wilder氏は、市場価格の乖離を示すモーメンタム・ラインを0から100の領域内で表示するオシレーター分析を発表しました。 それまでのオシレーター分析では、価格の急激な変動に対しモーメンタムがゆがんでしまう欠点をRSIでは解決されました。 オシレーター・ラインの基本的な見方は、70以上は買われ過ぎ、30以下は売られ過ぎと判断し、逆張りの目安として利用されています。

RSIの公式

RSI=100−(100/(1+RS))
RS=上昇幅のX日平均/下落幅のX日平均

Xの値(日数)を変えることでオシレーターの感度を変化させることが出来ます。 Wilder氏は、当初14日平均を採用しましたが、9日平均を使うものもいくつかありました。 9日間平均のRSIは14日平均のRSIに比べ振幅が大きくなり感度が高まります。

9日間平均や14日間平均が最も多く利用されますが、5日間や7日間平均なども試し、 ご自身のトレーディングにあった感度を見つけてください。


通貨別チャートとRSI

 
 

スポンサード リンク

 

page TOP

*