為替(ホーム) > 為替のテクニカル分析 > ボリンジャーバンド
為替のテクニカル分析

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド
 

 ボリンジャーバンドはジョン・ボリンジャーにより考案されたトレンド分析の技法です。 移動平均を表す線を中心に、その上下にボラティリティを基にした最大変動幅を示すバンドを加えたものです。 相場の変動の大半がこのバンドの中に収まるという統計学を応用しています。

 統計学的にいうと、価格の変動幅が正規分布している場合の1SD(平均値±標準偏差)内に価格の変動幅が入る確立は約68%、2SD(平均値±標準偏差の2倍)内に価格の変動幅が入る確立は約95%とされています。

開発者によるボリンジャーバンドの利用法

一般的には相場がバンドと接近もしくは交差したときの逆張りシグナルとして利用されていますが、ジョン・ボリンジャーはボリンジャーバンドをトレンド分析のツールとして開発している点に注意が必要です。詳しくは専門書をお読みください。

通貨別チャートとボリンジャーバンド

 
 

スポンサード リンク

 

page TOP

*