為替(ホーム) > 為替のテクニカル分析
為替のテクニカル分析

テクニカル分析
 テクニカル分析とは、相場の値動きをグラフ(チャート)につけ、そのグラフを基に将来の値動きを予測する技法です。テクニカル分析は売買のタイミングを図る際に用います。 「為替のテクニカル分析」では、これから為替を始めようと希望される方向けに、相場の変動をご自身である程度予測出来るよう、チャートを見て簡単にできるテクニカル分析をご紹介します。 チャートを見れば、誰にでも値動きの推移を簡単に理解することが出来ます。しかし、そのチャートには、もっと詳しい情報が含まれていることをご存じでしたか? このホームページは、初心者の方を、テクニカル分析の入口までご案内することを趣旨としております。 更に詳しくテクニカル分析を学びたい方は、専門書籍をご購入して研究してください。


テクニカル分析の基本はチャートの見方から

 テクニカル分析の基本はチャートの見方から!チャートは通常のグラフより、もう少し詳しい情報が含まれています。 この章では基本的なチャートの見方からトレンド・ラインチャネル・ラインの引き方、相場の値動きで抵抗となるサポートレジスタンスの読み方についてテクニカル分析の基本を解説します。

相場の方向性を判断するテクニカル分析!

 相場はひとたび方向が決まるとその方向にトレンドを形成しはじめます。トレンドが、いったん形成されると、その状態を維持しようとする力が加わり、その力が強ければ強いほど短期から中期、中期から長期へと続きます。トレンドを形成していない時期は揉み合いの状態です。相場はこの2つの状態から構成されています。 トレンドに沿って取引を進めれば、マーケットから追い風を受けることになります。この章ではそのトレンド分析には欠かせないテクニカル分析として移動平均線や、代表的な分析技法であるパラボリック(SAR)ボリンジャーバンドを紹介します。

買われ過ぎ、売られ過ぎを判断するテクニカル分析!

 相場は、買われ過ぎて「山」を創り、売られ過ぎて「谷」を削ります。その加熱した市場の行き過ぎ感は、調整されながらトレンドや保合いを形成します。「山」が崩れる前や「谷」の底が近いことを知らせてくれるのがオシレーター分析です。代表的なオシレーター系のテクニカル分析としてRSIストキャスティックス、 短期売買用のウィリアムズ%R、またトレンド分析も兼ね備えたオシレーター分析MACDをご紹介します。

為替相場 - リアルタイム チャート 携帯版

為替相場FOREX CHANNEL mobile*

外出先でもケータイでチャートを確認いただけます。10分足、1時間足、日足上に移動平均線やRSIを表示。
www.forexchannel.net/mobile/

QRコード
 

スポンサード リンク

 

page TOP

*