為替(ホーム) > 外国為替証拠金取引てな〜に? > 手数料抜け幅が魅力!
*English Cost
外国為替証拠金取引てな〜に?

抜け幅

 抜け幅とは、相場がどれくらい動いたら、手数料分が抜けるかという値幅です。 ドル/円の場合には、何銭かといったように示します。 たとえば120円55銭で買った場合、抜け幅が10銭だとすると、120円65銭より上に抜けたら利益が生まれることになります。 投資家からすると、抜け幅が狭ければ狭いほど、有利な条件となります。為替取引の場合にはスプレッド+往復手数料で計算します。


往復手数料とは

 手数料は、ポジションを建てる時と、手仕舞う時双方に発生します。取引業者から提示される手数料が、片道分なのか往復分なのか確認し、抜け幅を計算してください。 

狭い抜け幅は勝率を上げる!

 10万ドルの取引では、10銭の変動で1万円の損益を生みます。抜け幅1銭の違いは1千円の利益の違いですが、手数料が抜けるか抜けないかは、思ったより大きく心理的に作用します。 もし、あなたがポジションを取った後、相場が有利な方向に動き出すと、まず「ここで手数料分が抜ける」というポイントに遭遇します。この手数料が抜けるポイントは、最初に向かえる心理的な壁になるのです。 そのポイントを抜けると、あなたは、ほっとすることと思います。

 問題はここからです。 ポジションを取った直後、相場展開がどうも怪しいと感じる出すと、今度は「どこで逃げるか。」「どこで切るか」という悩みに変わります。 速やかに、戦線から一時撤退の判断をしなければなりません。 手数料分が抜けていれば、「チャラ」で逃げ切ることも可能です。 もう、お分かり頂けましたね。抜け幅が狭いということは、いつでも逃げ出せるポイントを近づけておくことになるのです。 相場に不慣れな投資家は、いったん、損失圏に入ると、なかなか損切りのアクションが起こせずに、深みにはまる危険性もあるのです。

手数料が魅力!

 外国為替証拠金取引は売買にかかる手数料が魅力です。ドル/円の取引を例にとりと、外貨預金では、売買にかかる手数料はありませんが、その代わりにスプレッドに相当するTTSとTTBの幅が1ドルあたり2円かかります。 外国為替証拠金取引では、抜け幅で比較してもその高くて1/10、安いところでは1/20で取引が行なえます。 このように格安な手数料体系は、1日の間に何回も売り買いを繰り返すような短期的な売買を可能にします。

 

スポンサード リンク

 

page TOP

*